学校の行事でトランシーバーを使ってみよう

学校には様々な行事があります。
卒業式から始まり、運動会や文化祭、夏には毎日のようにプール教室がありますしてん夏休みにもプール教室やクラブ活動などがあります。

それらの行事を効率よく進めるために、是非トランシーバーを使用して情報共有をしてみましょう。

学校の行事では子供がトランシーバーを使う事が多い

学校の行事の特徴は、運営スタッフのほとんどが学生であるということです。

小学校であれば、運営スタッフのほとんどは小学生ということになります。

小学生が行事の運営スタッフになるわけですから、先生が手取り足取りその場で指導していく必要があります。

効率よく多くの生徒に指導するためには、運営スタッフにトランシーバーを持たせると便利です。

高校生にもなると、行事ごとの多くは、教師は責任者という立場だけであって、学生たちの活動に干渉することはほとんどなくなります。

学校の行事では、文化祭などでよくコンサートやトークショーーなどのイベントが行われます。

この、イベント運営するスタッフもトランシーバーを使って効率的に連絡を取り合うことにより、イベントを成功に導くことができます。

照明や音響の管理から、スタンバイしている出演者の誘導までトランシーバーを有効に活用できる範囲は多いはずです。

またイベントで使う様々な設備に問題があった場合や足りないものがあった場合に、即座に上達するためにトランシーバーを有効に活用することができます。

先生がトランシーバーを使うケース

こういった場合においても、もしトラブルなどが起きた場合には先生が対処する必要があります。

そのためにも情報共有を密接にする必要があり、生徒との情報共有のためにトランシーバーを利用することが重要になってきます。

クラブ活動や水泳教室などの場合は、事故が発生したときに素早く連絡が取れる体制が必要になってきます。

クラブ活動の円滑な運営にトランシーバー

そのためには、クラブ活動の顧問と保健室にトランシーバーを配置するなど、適切にトランシーバーを配置し、情報共有を行うことが重要になってきます。

顧問の先生と保健室がトランシーバーで結ばれれば、素早く適切に対応を取ることができるはずです。

修学旅行の引率にトランシーバーを使おう!

修学旅行などの場合、異動先で団体を統率することはかなりの労力を要します。
団体の先頭と一番最後では、数百メートル離れることもざらにあります。

こういった時に、先頭と一番最後との統率を取るためにはトランシーバーを使った方が便利です。

学校の安全のためにトランシーバーを有効活用

学校の行事ばかりではありません。
最近は学校に侵入する不審者や、学校の外から中を伺う不審者の存在も気にしなければなりません。

先生が授業の合間を縫って定期的にこうしゃや学校の外をパトロールすることが重要になってきます。

パトロールの時に不審者を発見した場合に、素早く職員士と連絡が取れるようにトランシーバーを携帯することはとても重要なことです。

トランシーバーがあれば、素早く職員室連絡することができ、犯罪が発生しそうな時にはすばやく善光に警報を出したり、警察に連絡することができるようになります。

先生の地域の見守りにもトランシーバーを活用

地元の祭りなどのパトロールにも、トランシーバーがあると便利です。
お祭りは神社の境内幕張では、山道にもで店が出て、かなりの広範囲をパトロールする必要があります。

効率的にパトロールするためには、トランシーバーを使って先生同士が常時連絡を取り合って、効率よくパトロールする必要があります。

防災訓練などでも、トランシーバーがあればより効率的に訓練を行うことができます。避難生徒の誘導や逃げ遅れ生徒などの管理などにトランシーバーが大活躍します。

トランシーバーがあると便利なのは、訓練ばかりではありません。
実際の災害時の避難にも、トランシーバーは大活躍します。

学校によっては海沿いや山沿い川沿いの学校もあるでしょう。
そういったロケーションになる学校は、避難経路途中の災害状況をきちんと確認して生徒を安全に避難させる必要があります。

トランシーバーを活用して、様々な場所の災害状況を報告することにより、生徒を避難させることができるようになります。

学校の行事で使いやすいトランシーバーの種類

そんなトランシーバーを使うと便利になる行事ごとが多い学校ですが、どんなトランシーバーを使ったらいいのでしょうか。

生徒が使うトランシーバーは手軽なものを

まず生徒に使わせるトランシーバーと、先生同士が使うトランシーバーは自ずと異なってくるということです。

生徒達が使うためには、特に小学生などの場合は、あまり大きなトランシーバーを持たせるとそれだけで負担になりますので、特定小電力無線トランシーバーなどの比較的安価なトランシーバーを持たせると良いでしょう。

小学生ばかりでなく、中学生や高校生であっても、高価なトランシーバーを持たせることは管理などの面で生徒に負担を与えることが多くなるので、なるべく安価な特定小電力無線トランシーバーを持たせると良いです。

先生の連絡用はしっかりとした高性能なトランシーバーがベスト

先生同士が連絡を取り合うトランシーバーは、先生方は団体で行動する時の場合はお互いの距離がかなり離れることもあるので、電波の強いデジタル簡易無線トランシーバーを使うといいと思います。

デジタル簡易トランシーバーであれば、市街地であっても最大数km 電波が飛びますので、修学旅行の引率などで 先生同士の距離が離れる場合であっても、確実にトランシーバーで連絡を取ることができます。

距離が離れた場合は、携帯電話ので連絡を取ることもできますが、修学旅行などではトラブルが発生しやすく、先生同士で情報を共有するためにもトランシーバーを使った方がいいケースが多くなっています。

先生同士の通話は、プラバシー保護の観点から、生徒や先生以外の人に通信を傍受されないような工夫が必要です。

その点デジタル簡易無線は、おおよそ32,000通りの暗号コードを使って通信を秘匿する事ができるので安心です。

学校で使うおすすめのトランシーバー

生徒が使うものと先生が使うものはきっちりと分けて使うようにしましょう。

生徒が使うトランシーバーのおすすめ

生徒が使うトランシーバーは、手軽さが重要なので、特定小電力トランシーバーがおすすめです。
今であれレバICOMのIC-4300がベストチョイスです。

販売価格が6,800円程度ですから、ある程度の台数を事前購入しておくと、クラブ活動などでの使用に便利です。

先生が使うおすすめのトランシーバー

先生が使うトランシーバーは、日常的に重要な目的で使う事が多いので、デジタル簡易無線登録局のトランシーバーがおすすめです。

デジタル簡易無線のトランシーバーは様々なメーカーから出ていますが、おすすめはアルインコの最新機種DJ-DPS70がおすすめです。

アルインコは、通信の暗号化にアルインコ独自方式があるので、より強力に通信を保護する事ができます。
もちろん、他のメーカーのトランシーバーとの交信も問題有りません。

レンタルと購入の併用で適正台数を確保する

行事により必要なトランシーバーの台数が大きく変わる事が多いので、日常的に使うトランシーバーは購入しておき、行事の時に台数が不足した時はレンタルで不足を賄うと良いでしょう。

トランシーバーは、必要な人全員に持たせる事がポイントです。